農村RMOの推進体制

わたしたちの住む地域を、未来へ残す
農村RMOをつくろう

(農村型地域運営組織)

3. 農村RMOの推進体制

中山間地域で、すでに活動している組織
(例:社会福祉協議会、一般RMO、公民館、自治会等)が核となり、
人口減少が顕著な中山間地域の複数集落
人材派遣等の支援から始め、
「農村RMO」に発展させていく体制をつくっていきましょう。

資源

・中山間地域等直接支払事業の集落協定を定めた「農用地の保全」
(良好な農村空間を形成し、土地利用の推進を行う)

生産

・法人等が地域資源を活用し事業化
(地域の雇用創出、所得向上など、地域内経済循環の促進)

生活

・地域住民の生活支援
(生活基盤の維持、人口流出防止、定住や移住の促進)

地域の組織、中山間地域等直接支払い組織が農村RMOに発展

「農村RMO」は中山間地域の生活支援を含めた組織へ発展させていくことがとても重要です。

「農村RMO」は中山間地域の生活支援を含めた組織へ
発展させていくことが
とても重要です。
この記事を印刷する
農村RMO
タイトルとURLをコピーしました