総務省

支援情報

地域おこし協力隊

過疎や高齢化の進行が著しい地方の自治体に地域での協力活動に意欲的な地域外の人材を受け入れてもらい、その人材は地域の活動に参画しながら、地元企業への就職などで定住・定着を図る。 こうした取り組みを通じて地域力の維持・強化を図っていくことを目...
支援情報

地域プロジェクトマネージャー

総務省が 2021年度(令和3年度)より導入した制度。 地域おこし協力隊とは別に、地域、行政、民間、外部の関係者を橋渡しや調整をしながらプロジェクトをマネジメントできる人材(地域プロジェクトマネージャー)を市町村が雇用する場合に国が財政支...
支援情報

集落支援員

地方自治体からの委嘱を受けた地域の実情に詳しく集落の問題解決に知見を有する人材(集落支援員)が、市町村職員と連携し、集落の巡回、状況把握などを実施する制度。 巡回時の点検項目は 人口・世帯数の動向 通院・買物・共同作業...
支援情報

地域力創造アドバイザー

地域独自の魅力や価値を向上させて地域力を高めようとする自治体が、地域活性化のノウハウを持つ外部専門家(地域創造力アドバイザー)を呼び、その専門家が活動した際の必要な経費を総務省が支援する制度。 2022年(令和4年)時点で全国に460名ほ...
支援情報

地域活性化起業人

三大都市圏にある民間企業が、地方自治体の要望に応じてスペシャリストの社員を一定期間(6か月以上3年以内)派遣し、その社員が持つノウハウや知見を通じてその地域の魅力や価値の向上、地域経済の活性化につながる業務に従事する制度。 地方自治体と企...
支援情報

特定地域づくり事業協同組合制度

総務省は、人口が急減している地域の農林水産・商工事業の担い手を確保するための特定地域づくり事業(季節ごとの労働需要に応じて複数の事業者の事業に従事する労働者に関わる派遣事業)を行う事業協同組合に対して財政、制度面の支援を行っている。 事業...
支援情報

過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業

小規模化・高齢化により集落機能が低下しているが過疎地域などが対象。 継続的な集落の維持活性化を目的に複数の集落で「集落ネットワーク圏」を形成し、集落ネットワーク圏を支える中心的な組織(地域運営組織など)が新たな事業に取り組む際に活用される...
支援情報

JOIN(移住・交流推進機構)

2007年(平成19年)に任意団体として設立。 2014年(平成26年)に一般社団法人「移住・交流推進機構」に。 都市から地方への移住に関する情報配信や企業と自治体のコラボレーションの推進を通じて、人口減少社会における地域の活性化に寄与...
タイトルとURLをコピーしました