厚生労働省

厚生労働省

2025年問題

2025年(令和7年)は、1947~1949年(昭和22~24年)生まれのいわゆる「団塊の世代」が75歳になる年。 この世代は人口が他の世代より突出して多く、2025年(令和7年)以降、介護を必要とする高齢者が急増するため、介護費や医療費...
厚生労働省

地域包括ケアシステム

厚生労働省が、2025年(令和7年)をめどに高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援を目的に、できるだけ住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制のこと。 ...
厚生労働省

生活支援コーディネーター

「地域支え合い推進員」とも呼ばれ、各地域内で高齢者の生活支援サービスと介護予防サービスを提供している専門職。 高齢者が地域で元気に生活できるように地域内の住民組織や関係団体との調整役を果たす。  生活支援コーディネーターになるためには、...
厚生労働省

重層的支援体制整備事業

市町村の既存の相談支援等の取り組みを活かしつつ、地域住民の複雑化・複合化した支援ニーズに対応する包括的な支援体制を構築するため、 介護・障害・子供・困窮などについての「相談支援」、「参加支援」、「地域づくり」に向けた支援を一体的に実施する...
タイトルとURLをコピーしました