支援情報

支援情報

日本型直接支払制度

農業や農村は、農作物の生産だけでなく、国土保全や水源かん養、自然環境保全、景観形成などの多面的機能も有しています。 しかし、高齢化や農業人口の減少により近年はその多面的機能の展開や地域の共同活動が困難になりつつあり、また、水路や農道などの...
支援情報

農山漁村振興交付金

地域の創意工夫による活動の計画づくりから農業者などを含む地域住民の就業の場の確保、農山漁村における所得の向上や雇用の増大に結びつける取り組みを発展段階に応じて総合的に支援し、農林水産業に関わる地域のコミュニティーの維持と農山漁村の活性化及び...
支援情報

農村プロデューサー

「地域への愛着と共感を持ち、地域住民の思いを汲み取りながら、地域の将来像やそこで暮らす人々の希望の実現に向けてサポートする人材」(農林水産省)のこと。 農林水産省は、は2021年度、入門・実践の2コースの養成講座を初めて開催した。 総務...
内閣府

地域活性化伝道師

内閣府が、地域活性化に向け意欲的な取り組みを行おうとする地域に対して、内閣府が認定した地域おこしのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、市町村職員や地域のリーダーに指導・助言などを行う制度。地域人材力の強化を支援する取り組み。 活用...
支援情報

地域おこし協力隊

過疎や高齢化の進行が著しい地方の自治体に地域での協力活動に意欲的な地域外の人材を受け入れてもらい、その人材は地域の活動に参画しながら、地元企業への就職などで定住・定着を図る。 こうした取り組みを通じて地域力の維持・強化を図っていくことを目...
支援情報

地域プロジェクトマネージャー

総務省が 2021年度(令和3年度)より導入した制度。 地域おこし協力隊とは別に、地域、行政、民間、外部の関係者を橋渡しや調整をしながらプロジェクトをマネジメントできる人材(地域プロジェクトマネージャー)を市町村が雇用する場合に国が財政支...
支援情報

集落支援員

地方自治体からの委嘱を受けた地域の実情に詳しく集落の問題解決に知見を有する人材(集落支援員)が、市町村職員と連携し、集落の巡回、状況把握などを実施する制度。 巡回時の点検項目は 人口・世帯数の動向 通院・買物・共同作業...
支援情報

地域力創造アドバイザー

地域独自の魅力や価値を向上させて地域力を高めようとする自治体が、地域活性化のノウハウを持つ外部専門家(地域創造力アドバイザー)を呼び、その専門家が活動した際の必要な経費を総務省が支援する制度。 2022年(令和4年)時点で全国に460名ほ...
支援情報

地域活性化起業人

三大都市圏にある民間企業が、地方自治体の要望に応じてスペシャリストの社員を一定期間(6か月以上3年以内)派遣し、その社員が持つノウハウや知見を通じてその地域の魅力や価値の向上、地域経済の活性化につながる業務に従事する制度。 地方自治体と企...
支援情報

特定地域づくり事業協同組合制度

総務省は、人口が急減している地域の農林水産・商工事業の担い手を確保するための特定地域づくり事業(季節ごとの労働需要に応じて複数の事業者の事業に従事する労働者に関わる派遣事業)を行う事業協同組合に対して財政、制度面の支援を行っている。 事業...
タイトルとURLをコピーしました